-絶え間なく鍛えた者だけに栄誉が訪れる-

2008-01-21

次期主力バックパック

昨日のテストで現在使用しているザックに思わぬ欠陥を発見してしまった。まぁ、ウエストベルトがないので他のベルトを流用するとか、形状的に厚みがあるため走ると左右に荷物が振られるとか小さな不満点もあったので新ザックの導入にはいいころあいかもしれない。

ハイドレーションパックのチューブ凍結には閉口させられるが、凍結するのは1~2月(3月も初旬は可能性あり)の期間限定と言える。僕の走っているコースの水場は5月からでなければ水栓を開けない。11月からいわゆるロング走に取り組んできて、今やその面白みが分かって来た。今後も取り組みを続けることになるだろうと思うので、やはりハイドレーションパックは有用だろう。

用途はハイドレーションパックを入れてLSDやマラニックに使用することが目的なのだが、容量が問題になる。
ハイドレーションパックは2リットルだから少なくてもこれが入ることが最低限必要なワケだが、他の内容物はというと

  1. タオル
  2. 着替え(予備防寒着等含む)
  3. カロリーメイト
  4. 保安装備(テールランプ、反射式襷など)
  5. 小銭入れ
  6. 携帯電話
  7. デジカメ
  8. MP3プレイヤー
くらいなものだろうか。
2は季節で嵩が増減しそうだが、今の季節に合わせておけば間違いがないだろう。5~8はウィンドブレーカーのポケットやザックに装備されているベルトポーチ等にも入れられるので深刻に考える必要はなさそうだ。
するとだいたい5~10リットルの容量で足りるはずだ。ただし、これはLSD用であり、マラニックとなるともう少し内容物は増えそうな気がする(風呂道具、昼食など)。
ただ、マラニックなんてしたことないし、容量が増えるなら今使っているザックを使っても良いような感じ。

容量以外の要求仕様としては
  1. ハイドレーションパックを収納する意匠が施されていること(チューブ穴、吊り下げパーツなどの装備)
  2. 揺れないこと
  3. デジカメ、補給食などが取り出しやすい位置のポーチが配置されていること
  4. バンジーコードやベルト等があって、収納容量に合わせたマチ調整が可能なこと
かな?
条件は条件として、十勝にいては実物が見れないのがナニだ(笑)。

具体的な商品はどれか?となる現物を見たことがないし、色々なザックを試してレビューをあれこれをブログに書いているランナーを見たこともない。

したがって、玉砕覚悟の通販(ネットショッピング)にならざるを得ない。
今のところ候補は
  1. ミズノ バックパック(A67DA_701)ネットショップに問い合わせをしていたのだが、ハイドレーションシステムに対応していない普通のバックパックとのこと。
  2. ミズノ バックパック(A67DA_700)ネットショップに問い合わせをしていたのだが、ハイドレーションシステムに対応していない普通のバックパックとのこと。
  3. ネイサン レース/HPL020 ハイドレーションパック 5010N
  4. ランナーズ マラニックパックプラスII
  5. ランナーズ マラニックパックプラス
  6. グレゴリー スティミュラス
  7. グレゴリー ルーファス
だ。1はウエストベルトにポケットが付いていて便利そうに見えるけど18リットルでちょっと容量が大き目。2は12リットルで最適容量に感じるがウエストベルト部にポケットがついていない。3の容量は不明だし、5、6は5リットルと容量が少なすぎるような気がしないでもない。4は6リットルだけど微妙な容量だな。7は高価だなぁ(苦笑)。モノとしては7なんだろうが、自分の経済的事情とどう折り合いをつけるか悩ましいところだ。

2 コメント:

おやぢ さんのコメント...

あ、まとめられている。私の頭の中もこれでスッキリ整理されました・笑。
ウエストベルトのポケットは是非欲しいですよね。飾りじゃなくて、ちゃんと「使える」サイズで。
この記事を見て、今日の会議後、足があらぬ方向へ向かいそうで怖いです・笑。

たしろ さんのコメント...

To:おやぢさん
ウエストベルトのポケットはヨサゲです。が、なんせ実物に触れることが不可能な状況です。
僕の代わりに是非実物検分を!
そして、お買い上げを!(笑)