-絶え間なく鍛えた者だけに栄誉が訪れる-

2008-01-14

目標達成祈願LSD

今日は予定通り今年初のロング。先週の水曜日、木曜日は今日のための足慣らしだったのです(木曜日は挫折していたんだが:笑)。

走り終わったあと携帯から写真を投稿していたが、帰宅して体力も復活したのでいろいろ編集していますので、当初の投稿内容と大幅に内容がことなることをご了承願います。

今日の目的は今年初のロング走はもちろんなんだが、それよりも今年も家族の無病息災と開運を祈願。そして、僕のランニングライフを無事に楽しむことができるように祈願する初詣をするのが主な目的。
ということで、帯広神社に初詣に行って来た。

鳥居の手前で脱帽、手袋を脱ぎ、手水舎で手をすすぎ、口をすすいで清める。
賽銭箱の前に進みご縁を奉納して深呼吸。その後、二拝し、二拍手、一拝して参拝完了。
決まった作法なのだが一拝、二拍手、二拝だったのかいつも迷うのだが、今年はうまくできたようだ。(拝礼、拍手の回数は神社によって違うらしいので、参拝する神社のホームページで調べてみるのもいいかもです。)

初詣で気分がすがすがしくなった気になって気持ちよく帯広駅前に到着。
駅舎が朝焼けで黄金色に染まって見えたのですが、写真を見るとそうでもないみたい(笑)。

駅舎の前を経由し、僕の勤務する会社の前を通りつつ白樺通に抜けひたすら西へ進む。
西17、18条の境目から北上、国道38号線を横断して平原大橋を渡りバイパスを経由し音更町本町に抜ける。
まいどお馴染みのチェリングロードのスタート地点と国道がぶつかるところまで行きそこで折り返す(スタートから丁度20km)。ここからichanさんの家はすぐそこだ。縄張り荒らしのよそのものの僕は逃げるように南下。
あとは、スタート地点までひたすら南下するだけ。
だが、ここで問題が発生。過去の経験から残り距離がなんとなく分かっていた。どうやらこのままスタート地点に戻ると30kmにならない計算になることに気が付く。まことに残念ながら更にどこかにウロウロする気持ちの余裕がない。一旦スタート地点に戻り不足距離(30kmに対する)を把握して、不足分の半分を戻って、またスタート地点に帰る方法を思いつく。
ということでやっとの思いで達成した30kmでした。

先週のランの様子では30km走ることにカナリ不安があったのですが、それなりになんとかなったのが嬉しかった。あと、いつもよりやや早めでペースも一定だった。
よくできました(笑)。

4 コメント:

yotti さんのコメント...

極寒のロング行きましたね!どうも冬のロングにスノーターサーが合いません。冬はほとんどゆっくりなので、次ぎ買うときはスノーランナーにしようとおもいます。私は最近10kmオーバーでへばりぎみです。どうも長距離は苦手のようです。ハーフが合ってるのかな~

たしろ さんのコメント...

To:yottiさん
頑張って行って来ました!
積雪の状態を書くのを忘れていましたが、僕の走った歩道は乾燥路面も出ている状態、日当たりの良いところは完全に乾燥路面で夏靴で走りました。
札幌は雪が降ったようで、夏靴は難しい状況かもしれませんね。
どのみちユックリ走でしょうからスノーランナーの方が良いかもですよ。

匿名 さんのコメント...

カナダです。
夏靴で走ったんですか?
最近雪もない釧路でスノーターサーで走ると足の裏が痛いんですよ。でもメッシュの夏靴だと足先が冷たかった記憶もあり、寒さよりも痛さを選択しています。

研究熱心なたしろさん。夏靴でも寒さ対策が可能な方法ないですか?
どうせゆっくり走るからいいけど、それよりも痛くてちょっとだけ困っていますので・・・。

たしろ さんのコメント...

To:カナダさん
夏靴で走りました。歩道には若干雪が残っていますし、除雪残りの雪が氷状になっていて滑るところもあります。でも、この状態だとスパイクでも付いていないと滑りを止める方法はない(?)と思っています。
で、確かに夏靴だと通気が良いので寒さは感じますね。ただ濡れなければ寒さは凌げる程度だと思います。僕は足裏部分がパイル地になったスポーツソックス(ちょっと厚手のもになりますが)を履いていますけど、十分なような気がします。この場合でも濡れるとヤバイです。
痛さは怪我(故障)に繋がるような気がします。