-絶え間なく鍛えた者だけに栄誉が訪れる-

2008-02-20

その気を保つ

先日「なまくらランナー渇!」を入れるを書いた。ところが、これ誤字だ(笑)。
正しくは「なまくらランナーに喝!」だ。ということで、先日の記事を直した。

それはともかく、先の記事の中で自堕落な生活を忙しさのせいにしてぼやいていたが「その気になる」のって実はもっと単純な理由だったりする。
ちょっとした気分転換が出来たりとか、現実味のある具体的な目標(小さなもので良い)があると「その気」になってしまう(まぁ、僕自身そういう単純な精神構造だ)。

例えば、そうだな。先の「なまくら...」で、自分の腹回りを見てショックを受け「できることから始めてみる」ということで「腹筋運動」、「日常の歩く行為の見直し」「禁暴飲暴食(月内禁酒)」「あと一日練習時間の確保」「カロリーメイト云々」を書いた。このうち、普段できることは最初の三つだけ。

で、今のところ「腹筋運動」、「月内禁酒」は継続中だ。
腹筋運動は「腹の中から引き締まった」というような感覚がある(錯覚?)し、禁酒は朝の目覚めがすこぶる良い(寝つきは悪いけど:笑)。

ややもするとこうした単純な小さなことは忘れ去られ3日坊主になりがちだが、昨日KMCのブログで「白糠ロードレース練習会」の記事を読んだ。速攻、参加すべくコメントをつけた。
練習だし、十勝から約90分もかけて練習に行く暇があったら十勝で走ればいい。という合理的かつ実質的な話で否定もできる。

参加を決めた理由は

  • スコップさんカナダさんにお会いし、刺激をもらうという精神的な問題
  • スピード練習主体の練習予定なので自分に甘えることなく肉体的に刺激を入れられるという肉体的な問題
  • そして、十勝を脱出してみるという気分転換
である。
そして、先につけたコメントに「はい、お待ちしています」というレスがあって、なぜかとても気分が良くなった。

今朝の目覚めもバッチリ(死語)。昨夜の禁酒、朝の腹筋運動、骨盤回しなどちょっとした運動でなにやら俄然やる気が出てきた。
昼飯もちょっとしたスープ代わりに弁当といただくミニカップ麺も自重。食後には腹筋や金哲彦推奨ウェイクアップ体操(の一部)なんぞしたりする。忙しくてできないと嘆いていたのが嘘のようだ。

走力そのものには今すぐどうこうはないだろう。
しかし、嘆いていた自分を見ていたので、晴れやかな気持ちで取り組めるなにかがあることが嬉しい。そして、それは「嘆き」から「好ましいと思える変化を実感」させてくれた。

こういう気分は常に味わいたい。禁酒や朝のちょっとした運動の効果ではないかもしれない。でも、その気を保つために「禁酒や朝のちょっとした運動の効果」なのだと自己暗示をかけておく(笑)。

4 コメント:

カッチ さんのコメント...

今晩は!
3月2日は私も参加予定です。これから(KMC)にコメント入れます。
今年も記録低下の歯止めをかけたいです。

たしろ さんのコメント...

To:カッチさん
おおお、カッチさんも参加ですか!
楽しみですね。
以下、本気とも冗談ともつかない話ですが、少し記録を落として僕とカナダさんの3人でバトルするという楽しみ方もなくはないです(笑)。

匿名 さんのコメント...

「走る仲間と一緒に走ることが出来る」ということがとてもうれしいし、刺激になっています。
今回は新人が二人プラスになりそうです。
そちらも楽しみです。
また仲間が増えるんですもの。
ね。
スコップ

たしろ さんのコメント...

To:スコップさん
新しい仲間が増えることは嬉しいことですよね。
僕も白糠に行くのがいまから楽しみです。