-絶え間なく鍛えた者だけに栄誉が訪れる-

2008-12-16

要は氷点下20℃に耐えられるものが欲しい

世の中不景気とはいえクリスマスシーズンである。

僕の狙いは「Under Armour Cold Gear」なのだが、かなりの数の商品構成なので「どれ?」と迷う。

氷点下20℃でもOK!みたいなことが書かれていれば速攻オチルのだが...そういう類の商品ではない。
まぁ、氷点下20℃の条件で走ることってのは年に2回くらいだろうから、氷点下15℃基準でも良い。どれにしようっかなぁ~

うむぅ...

--20081217追記
情報が得られたので外出したついでにとあるスポーツ用品の量販店に行き現物を見てくる。
メタルコールドギアは確かに良さそうだ。むしろ、これじゃ暑くないのか?と思ってしまった。
いわゆる定番のコールドギアモックタートルネックでも大丈夫じゃないか?と思ってしまった。

メタルでもいいのだが「暑すぎる」のは使用期間を限定しすぎることになり、せっかくの投資効果が得られない。氷点下15℃以下という気象条件を走る日数がどれくらいあるのか...どっちにしようかと悩むところではある。
むしろ、過去の記録を読んで思ったことは、グローブの方が問題だった。
うむぅ...どうしよう

ああ、そうか全部買えばいいんだな。

  1. メタルコールドギア
  2. モックタートルネック
  3. フラッドラッシュスキンインナーグローブ
  4. アンダーアーマーのグローブ(ライナーorフリース)
  5. バランスボール
そういうことか!(買えない...orz)

--20081218追記
熟慮の末、上記2,3,5を発注した。
メタルの保温性はおそらく氷点下20℃まで十分に耐えうるであろう。一方、モックタートルネックは氷点下5℃程度までではないか?と推測する。
それでもモックタートルネックにしたのは、昨シーズンの経験からやりよう(重ね着)によって、その時々で対応しようと思ったからに過ぎない。

メタルを使っているランナーが多いことは分かったので、各ランナーのブログで今シーズンの厳冬期にどうであったかレポートされるに違いない。
その中にあって僕はモックタートルを使い体験談をブログで紹介したい。
今シーズンは間に合わないだろうが、来シーズンの為の参考にはなるだろう。
フラッドラッシュスキンインナーグローブにこだわったのにはワケがあることを書き添えておく。今年の洞爺湖マラソンの時、雨で手が冷たくなり泣きそうになった経験があるからだ。春先(晩秋)の雨は冷たい。経験に学び、準備しておきたかった。また、寒冷期のこのグローブの効用については不承知ではあるが、寒冷期において「濡れるのは御法度」だ。なぜなら「濡れる」=「凍結」を意味するからだ。そういう意味でこのグローブの効果に期待している。

たくさんの読者の方からコメントをいただいた。ありがとうございます。
ブログに詳細なレポートを書いてくれたsakaさん、私信でやりとりさせていただいたしなそばさんには感謝申し上げる。

12 コメント:

saka さんのコメント...

やはりお勧めは
「メタルコールドギアモック」
http://ameblo.jp/yoshi4261/entry-10161923379.html
です(笑)

昨日の夜-4度でしたが、先日のカサスランと同じ衣服(ペラペラアシックスと中にモックだけ)でした。性能的には群を抜いているかと思います。

たしろ さんのコメント...

To:sakaさん
なるほどギアモックがおすすめなのですね!
迷わずイケよ!(俺)

saka さんのコメント...

私もアンダーシャツ1枚に10000円出すのにかなり悩んだんですが、これに関しては買って良かったと思ってますよ~
もう冬には手放せません!!

カナダ さんのコメント...

そうか~
私も考えてみようかな~
厳寒期ラン仲間としては必須ですね!!

しなそば さんのコメント...

ぼくもメタルをオススメします。
http://www.domeshoppingzone.com/underarmour/html/item/001/004/item3089.html
-20℃ では試していませんが
-10℃ くらいだったら
メタル + ウィンドブレーカで大汗をかきます。

ちなみに、ぼくのは黒です。

http://www.domeshoppingzone.com/underarmour/html/item/001/004/item3077.html
こちらは氷点下前後でちょうど良い感じです。
メタルが洗濯中で -10℃ くらいのときは
これ + ジャージ + ウィンドブレーカで走っています。

たしろ さんのコメント...

To:sakaさん
なるほど。確かに1万円には熟慮させられます。
どうしようかなぁ...コールドギアモックタートルで茶を濁そうか?とも腰の引けたことを考えてしまいます。

たしろ さんのコメント...

To:カナダさん
コールドギアは厳寒ランナーの必需品であることは間違いないと思います。
問題はですね、どのモデルを買うか、財布との相談になることです。というか、各モデルの違いも良く分からないし、氷点下15℃前後の体験談も少ないので選択に迷います。

たしろ さんのコメント...

To:しなそばさん
しなそばさんが氷点下10℃で大汗ですか...僕なら「滝汗」になりそうな予感です。
他のモデル、コールドギアモックタートルなんかかなりリーズナブルなんですが、財布とのかねあいで激しく悩みます。

takuto さんのコメント...

小生はミズノ「ブレスサーモ」のアンダーウエアを着用して-17℃まで確認済みです。汗で発熱するタイプで今まで問題なく着ています。汗は結構出ますが、それが冷えても差ほど寒く感じません。(今現在冬用のアシックスウエア+ブレスサーモ長袖+Tシャツで何時も走っています)
取り合えず参考です。

かなだ さんのコメント...

手袋もあるんですね。
最近、手がかじかんで辛い思いをしてました。

でも、ふと思い出しました。カヌー用の手袋もこんなのでした。

試してみようっと!!

たしろ さんのコメント...

To:takutoさん
ああ、サーモ系のウエア類もありましたね。
よくよく考えてみたら僕もユニクロのヒートテックのアンダーウエア+ユニクロのマイクロフリースのハーフジップ+ウィンドブレーカーで氷点下20℃は体験済みで特に寒いとは思わなかったんですよね(少なくても走っているときは)。
評判の良いアンダーアーマーのウエアを試してみたいだけかもしれません(笑)。

たしろ さんのコメント...

To:カナダさん
実は昨シーズンの経験から手袋が一番の懸案事項だったんですよね。
不景気だし、本当に必要なものを精査してみます(笑)。