-絶え間なく鍛えた者だけに栄誉が訪れる-

2007-05-23

Fr201を末永く使うために

お仕事の方が谷間であまりにも暇だったのでいろいろ人のブログをみていた。

Fr201
の故障、修理の記事が多かった。

僕も去年の8月の末ころに故障 >> 修理(実質交換)をした経験があり、故障原因は「防水機能の脆弱性」にあると書いた(詳しくは「ショック!!-ForeRunner201-」)。
また、Fr201本体裏面のスピーカー穴から汗が侵入するのではないかという推測も書いた。

自分のブログを見直してスピーカーの穴から汗が侵入する根拠に乏しいことに気が付いた。
当時、根拠として例示するのに気が引けていたので書かなかったが、僕のFr201が故障した時にスピーカー穴(左写真の赤○部分)から予想外の量の水(汗かも)が出てきていたことを今回補足しておこうと思う。

実際にそのスピーカーの穴から汗が侵入するかは見てないし疑問もあるが、左写真で分かる通り腕に「密着」する部分であることは間違いない。
そこで、汗進入の防止(軽減)策として「ショック!!-ForeRunner201-」の後段で「スポーツリストバンドの上にFr201を装着するようにしてはどうか」という提案をしたところだ。
自分で提案しておきながら実際には自分では実施していない(苦笑)。




僕は以前は肩こりがひどくて今でも「回帰力リング」というのを手首にしている。これをするようになってから肩こりが状態が改善されたので「もう外せない」状態になっている。

回帰力リングの効果を言っているのではない。ここまでくると「おまじない」になっているのだ。
似たようなものをしているランナーも多いのではないかと思う。
僕がスポーツリストバンドをしていないのは左写真の通り、Fr201本体の下にそのリングが挟まるようになるので、Fr201と腕が密着しない状態になり、汗が進入し難い状態が出来ているからだ。
別に「回帰力リング」の「肩こり解消効果」を言うつもりはないが、肩こりが改善するかもしれない「おまじない」兼Fr201への汗進入防止(軽減)策として、案外いいかもしれない。というお話です。

ところで、Fr201のこの手の故障について、いろいろなブログで拝見すると概ね1~2年の間に故障しているように思う。この期間の開差を最初は「Fr201の個体差」と考えていたが、どうもあちこちのブログを見ると「延べ使用時間」によるものではないか?と推測している(一ヶ月あたりの使用時間長いのランナーは1年程度、普通のランナーは2年程度のような気がする。)。

4 コメント:

カッチ さんのコメント...

私もフオアスリート使いだしてから、走るのがさらに楽しくなりました。
体感スピードと実際スピードは随分違いますね。以前は中盤にペースを上げすぎ、終わり
近くでペースダウンが大きかったようですが
最近は後半をあげるトレーニングできるようになりました。レースでも後半に前のランナーの差をつめられるように、あきらめずに追っていきますよ(笑い)。
それにしてももっと長く使えればいいですよね。

たしろ さんのコメント...

To:カッチさん
Fr201は本当に面白いですよね。それに実際のレースの時にも「ペースメーカー」としてもかなり役立ちます。
Fr201が「かっとび爺」の息を吹き返す原動力になっていたのですか!

Kuri さんのコメント...

自分の Fr201は買って7ヶ月で液晶が駄目になりました。
雨のレースで使用したためと思われます。
このときは保障期間だったので無料で新品に交換してくれましたが、その8ヵ月後暑かったので頭から水をかぶったときにぬれてしまいまたしてもオシャカになりました。
この時は約13,000円かかって結局新品に交換してくれました。
いずれも水の流入が原因と思われ、雨の日の使用はやめた方がいいです。

たしろ さんのコメント...

To:kuriさん
kuriさんの体験も加味すると、Fr201はほぼ防水策はないと言えそうですね(苦笑)。
注意して使うことにします。