-絶え間なく鍛えた者だけに栄誉が訪れる-

2007-09-29

目標再確認-別海町パイロットマラソン-

(これはほぼ愚痴というか、もんもんとした「ガス抜き」です。他人の愚痴に付き合っていられないという方は読まない方が良いです。)

あと1週間かぁ...楽しみでもあるんだが、大変そうな予感はするよな。

で、前日から当日にかけての装備品の準備はだいたいのところ完了した。
既にだいたいのものは車載済みだが自分でみても「こんなにあるのか!」と思うほど満載だ。まぁ確かに「」寝袋2個、マット、小さめのクーラーボックス、ストーブ(コンロ)収納ザック等嵩張るものが多いのだが「寝るスペースは確保できるのか?」(笑)

で、装備品は準備できたのでレース自体はどうなるんだろうか?
目標は単なる数字遊びから導き出された3時間40分なわけだが、北海道マラソンを考えると達成しておかねばならぬ目標でもある。
3時間40分は05:13/kmのイーブンペースだ。すなわち、30km以降(後半)もこのペースを守らねばならない。

去年のとよころサーモンマラソンは前半(30kmまで)を05:17で行き、30km以降は06:09/kmと撃沈した。後半の撃沈の原因は前半のペースが速すぎたということにつきる。去年の釧路湿原マラソンでは05:14/kmだから、それとほぼ同じに走っていては後半の撃沈も納得だ。また、30km走の数自体も少なかったと思っていて、距離に対する耐性がなかったとも思う。
そんな反省もあって今年は30km走の数をこなした。ただ、本当は8月の中旬以降から30km以上走に取り組み35km走もやっておきたかったが、諸般の事情により9月になってから慌てて走ったことによる疲労の蓄積が心配でもある。

05:13/kmペースは妥当なのか?という本質的な疑問もある。05:13/kmはレース全体の平均心拍数(156)から推測されるペースだ。
そして、今年の釧路湿原マラソンの実績(04:53/km)との比較においては余裕をもったペース設定だとは思う。しかし、それは平均値での話。後半はペースが落ちるというのが一般的だから前半はもうちょっとだけ速いペースを設定して「貯金」の必要があるんじゃないか?(撃沈の経験がそう思わせる)と思うが、このコースは最初のハーフが上り、後のハーフが下りというレイアウトになっている。
このコースの上り、下りは「ほとんど気にしなくて良い」という多数の意見を頂戴した。ここは素直にその意見を傾聴するが、05:13/kmのイーブンペースは「結局のところ前半に貯金したことなる」と気が付く。
「時間の貯金はスタミナの借金」という言葉を見たり、聞いたりするが、05:13/kmペースが後半のスタミナの借金にならなければ良いなと思う。(こればっかりは終わってみないと分からないな)

ふむ、やはり今回の目標は、先日の予定通り05:13/km、3時間40分切り狙いでOKだ。

あと1週間で出来ることは限られている。それは練習というよりは「注意」だ。

  • 疲労を残すな
  • 食べ過ぎるな、飲みすぎるな
  • 怪我するな
どれも僕にとっては身に覚えのある重要な注意事項だ。
今月は焦って頑張りすぎていたかもしれない。疲労を残すなというよりは、既に疲労はしているだろう。積極的に疲労回復に努めるべし。
ここ2、3日は自制の効いた食生活をしていると思う。月曜日からは練習量は相当減るので、食欲と消費カロリーのバランスが今までと違ったものになる。しっかり自制しないと。
十勝健康マラソンでは直前まで大変な思いをした。しっかりと注意したい。

もうどんな練習をしても間に合わない。今あるパフォーマンスが残さずに発揮できるように調整したい。

2 コメント:

おやぢ さんのコメント...

このブログ(http://betsukai.net/blog/marathon/tb.php?ID=30)にあるように浅井さんは今年も3時間30分のペースメイクをするそうです。
昨年も3時間30分で走ると宣言し、その通り走られていました。
おそらくイーブンペースで走るのだと思います。
我々はイーブンペースで走り通すのは難しいので(どうしても終盤落ちる)、どのみち終盤ペースダウンするなら、途中まで浅井さんについて行き、途中で離れるのも一つの手かもしれません。
3時間40分が目標の場合、浅井さんがイーブンで走るとして、何キロ地点で離脱すれば良いのか計算していませんし、もしかして前半ペースとしては速すぎペースかもしれませんが。
一つの選択肢として。

たしろ さんのコメント...

To:おやぢさん
浅井さんがペースメーカーをするというのはカッチさんから聞いていて知っていました。そして、今回の検討にあたり30kmまで付いていって、後は「どうにかなる作戦」も考えたのですが、おやぢさんもご指摘の通り前半のスピードとしてはちょっと「速い」。後半に待つものが怖くて消極的に下方修正しました(汗)。
年初からスピードをつけ、「釧路湿原マラソン」で5分/kmのスピードと持久力をテストして、それができたらそのまま秋のフルマラソンに発揮するという年間計画を立てて練習もしてきたつもりです。ここに来て「ちょっと弱気なオレ」っぷりを発揮しています。
(ただ、スタートで引っ張られて「どうにかなる作戦」になってしまう可能性もあります:笑)