-絶え間なく鍛えた者だけに栄誉が訪れる-

2008-04-21

シラカバ花粉症と認定-勝手に診断-

昨日の突然のくしゃみ連発に端を発する「鼻水」「なみだ目」の原因をシラカバ花粉症と認定した。
言っておくけど、僕は医者じゃない。

今年の道内は過去最大規模のシラカバ花粉飛散が見込まれている。リンク先によれば気温が20℃を越える日はよく飛散するのだそうで、昨日の本別はこれに合致していた。また、コースも山間に整備された一般道路を使用しており、両サイドの山にはシラカバの木もあったように記憶している。
ま、そういったことで条件にマッチしたワケだ。
先日4/10からの風邪と思われる症状で3日ほど練習をせずにいたが、これも実のところ花粉症ではなかったかと今になって思う。端緒は「くしゃみ」の連発で一致。当日もランde街路調査を敢行した日で屋外にいた。また当日の気温は14℃とやや低いものの、街路調査地域にはシラカバがあったのは事実だ。それに風邪による鼻水の場合、終盤には粘度が増すらしいが、僕の場合終始「さらさらの鼻水」のままだった。発熱も無かったし...

で、その対策なのだが、僕の場合、要は鼻炎の症状なワケで単なる「風邪薬」ではなく、「鼻炎用」の風邪薬で良いらしい。
風邪による鼻炎と花粉症による鼻炎では「原因」が異なるだけで症状は一緒。対策も一緒となるらしい。

まぁ、自分の思い込みとネットで調べた結果を鵜呑みにするのは危険であるのだが、発熱もなく「鼻水」と「なみだ目」が目下の問題なのでとりえあえず「鼻炎用」の薬を服用しておく。

冒頭に紹介したWeb情報によれば6月上旬まで花粉の飛散は続くらしいから、暇をみつけて一度耳鼻咽喉科?に行って診てもらうことにしよう。


とにかく「はなみず」がヒドくて黙っているとはなみずが滴ってくる。滴り防止のために写真のように「鼻冠」風にティッシュを詰めている。


で、一応、鼻冠隠しにマスクをしている。

アイマスク(目隠し)は、僕のせめてもの恥じらいの現れだったり(笑)。


--2008/04/22加筆
今日JogNoteの方へ「かくて」さんからコメントを頂戴したので、のちのち探しやすいようにこちらにメモしておく。
大変のようですね。白樺花粉症と闘って、ン十年の、かくて流超安上がりの鼻水の止め方です。騙されたと思ってお試しあれ。?コップに塩水(湯)を作る。(ぬるま湯だと楽。適当な濃さに。濃すぎると効きますが、痛い。)?片方の鼻を押さえて、もう一方の鼻の穴から塩水を吸って、口からはき出す。(私は鼻から吸って、また鼻から出してますが)?2.3回やったら、反対の穴も同様に。要は、両方の鼻を塩水ですすぐわけですナ。最初少し勇気がいります。(鼻から水を吸い込むことに)どんなひどい鼻風邪も、これで半日以上は鼻水が治まります(私の場合は)。でも、早めに耳鼻科受診をお薦めします。飲み薬と点眼薬と鼻炎用噴霧器で、3日で快適生活に戻れます。
で、昼から鼻の奥がかなりむずむずして辛くなってきた。塩はないが水道水で鼻腔洗浄?を実施したところ大変具合が良い。
で、鼻から水を吸い込むと「つんっ」としてシミル感じがするが、鼻のむずむずに比べれば遥かに心地よい。

2 コメント:

カナダ さんのコメント...

我が家にはシラカバが3本植えていますので、いつでも花粉を差し上げますが・・・。

お大事に~

たしろ さんのコメント...

To:カナダさん
シラカバを植えているのですか、それは趣味が悪いです(大笑)。
というか、こういうのは今年が初めてなのですが、花粉症(だとすると)って「ある許容量を超えると発症する」らしいです。その許容量は個人差があるらしいのですが、僕は今年のでリミットオーバーになったんでしょうね。
カナダさん、ご家族を含めて要注意ですよ!