-絶え間なく鍛えた者だけに栄誉が訪れる-

2008-04-16

実験報告-時計がダメだ-

実走実験報告-Fa、Frペース表示 その3-の冒頭に双方のユニットの時刻が一致している写真を掲載した。その時の時刻は10:52:44だった。

左写真は帰社して、LAPデータを確認しようとした時で、17:10:25ころ

FaFr
17:10:23
17:10:25
だ。時刻の一致を見てから約5時間後には双方の時刻にズレが生じている。いずれが間違っているのだろうか?

左写真はFr。PCの時刻をタイムサーバーから取得し後、「時計」を表示した。
写真の通りFrが3秒進んでいる。この結果からFaは1秒進んでいるものと推察される。

約5時間で(現場作業が終わったのはもっと遅い時間だけど)3秒(Faは1秒)もズレるのは「時計」としての本質的な機能がダメすぎる。

ユニット双方の時刻のズレ、実験終了後の所用時間のズレがなんとなく分かったような気がする出来事だ。

なぜ時刻(時計としての精度)が問題になるかのかについてはウィキペディアの「グローバル・ポジショニング・システム」が分かりやすい。もっとも衛星から時刻をしっかりと受信さえしていればなんの問題もないのだが....

このような時刻のズレがランニング中のペース表示になんらかの影響はあるかもしれないが、その度合いについては僕には分からない。

2 コメント:

カナダ さんのコメント...

長きにわたり検証いただきまして、ありがとうございました。
多岐にわたる検証の結論として、

「あ~、おれのマシンはやっぱりいかれてたんだあああ!!」

という感想を確信しました。

これで心おきなくいいよネットに送ることができます。
誠にありがとうございました。衷心より感謝申し上げます。

たしろ さんのコメント...

To:カナダさん
まぁ、なんというか僕のFrが変なのも分かってしまいました。
FrとS610iを併用しているのはご存知だと思いますが、ゴール後あるいは練習後にそれぞれの所要時間が異なることは知っていました。今後は、この点を中心に検証していきたいと思います。
どうやらFrの時計の精度は「クオーツ精度以下」のもののようです。衛星からの時間取得が確実に行われていれば問題ないハズなのですが、そうとは限らない場合もあるようで...
結論としては、「壊れている」「おかしい」というのではなく、Fa(Fr)の仕様的に「この程度のモノ」に過ぎない。というのが僕の感想です。