-絶え間なく鍛えた者だけに栄誉が訪れる-

2008-04-06

試練の道-茅沼温泉LSD-

今日はお約束の茅沼温泉LSDだ。もし、このLSDが30kmなら行かなかったと思う。30kmなら走れているからだ(先週は歩いたけど:苦笑)

30km超を走るのは僕にはとても難しい。どうしても、30kmで良いだろうという甘えがある。もう一歩遠いところへ踏み出すには他人の力を借りるしかないと思っていた。
丁度良い具合に茅沼温泉LSDの案内をKMCのブログで発見、速攻参加を表明しておいた。

ということで、5時に起床。昨夜から作っておいた「おにぎり」を食べながなら新聞に目を通し、コーヒーをいつもの通り2杯ほどいただく。
着替えは済ませてある。車に乗ろうとしたら写真の有様。
昼間は暖かくても朝夕は冷え込み、車のフロントガラスはシバレるのだ。

釧路に向かう国道は濃霧。視界は200m程度か。昔の釧路空港なら飛行機の発着は無理。
左は先日セットしておいた釧路市貝塚まで案内してくれるMio(カーナビ)。

大楽毛のあたりから国道の付け替えがあって古い地図を搭載しているMioには荷が重かったかも。それでも「行き」は良い案内だったと思うが、帰りの案内はいただけない。単に国道38号線をトレースする案内だった。(地元の人はそんな道順じゃ走らんのだよ。どうも最短ルートの検索をしないような気がする)

浦幌を過ぎると「晴天」だった。
写真は集合場所の「JR東釧路駅」。07:45ころに到着してしまう。

08:00約束どおりスコップさんが荷物の受け渡しのために到着。
いろいろな世間話をするうちに08:30のアーリースタートの時刻を過ぎてしまった(笑)。スコップさんの話術にハマったとも言う。

ということで、皆さんと一緒に09:00スタートすることにした。

スタートして10km地点手前のリトルリーグの坂。例のコンダラの坂はこの次だ。まだまだ余裕の表情がある。

多分この地点で8分/kmだろう。鬼さんは平地で7分半~45/kmのペースでキッチリとペースメイクしてくれる。

くさかさんは上りになると「はぁー、はぁー」と苦しそうな感じを見せるのだが「大丈夫です」と気丈な返事。
確かに呼吸の割りには余裕があります。

JBL級の坂のほぼ頂上付近から上ってきた下界を眺める。

この坂でも鬼さんのペースは一定(7分半/kmくらい)だが、僕の方が勝手に遅れて行く。上りの走りに違いをまざまざと見せられた。
下りでは、惰力で僕が追いついてしまうのだが鬼さんのペースは一定。僕は上り、下りの走りが下手糞なんだと思った。

もっと、効率の良い走りがあるように思う。僕とくさかさんは下りになると路上の小石を蹴ってしまうが、鬼さんやスコップさんはそんな所作は見せない。
足の上がり方(運び方?)が絶対僕やくさかさんと違うと思う。

塩抜きの鬼さん。
なぜか、「醤油が好き」という話になる。塩さんまにも醤油をかける。なので、普段摂取した余分な塩分を排出するという鬼さん。

どうしていつもランナーらしくない話題が爆発するんだろうか(とても面白い)。

鬼さんの後ろを観察しながら走る。LSDということだからだろうか、どこにどういう具合に力がはいっているのか分からなかった。

20km過ぎでの給食地点。バナナを食う。
小問題を解決したり、ちょっとレストタイム。このころから雨がポツポツと...
ここから先は一旦下りとなり、塘路湖畔に向かう。湖畔に付くころには本降りの雨。僕らの走っている北側、南側は明るい空。僕らは雨雲を連れて走っているような感じ。

スコップさんは小問題解決やふくらはぎの痙攣対策、背後からの車の状況、距離に対する不安の大きな僕とくさかさんの背後に回りサポートするなど大忙し。


最大の峠を越えてから小規模な山、ごくわずかな山を上り到着。
僕はペースが遅くても30km以上を走るのは容易ではないと思っていたが、一定のペースならば肉体にかける負担は少ないようだ。
ここに到着しても元気で、もうちょっと走れる気がした。余裕ってやつがあったのだと思う。

僕は週一回の割合で30km走をしているが、これほど楽だったのは初めてだ。ペースを一定に保つというのは僕一人では全然無理で、心拍数的に上りは上がるし、下りは下がらないというのでは疲れてしまうんだろうな。
やはり走力のある人に一定のペースを刻んでもらった賜物だろうと、ペース保持の重要性を感じた次第。
(KMCに掲載されている記事「34km茅沼温泉へLSD」とあわせてご覧いただくと面白いかもです)

この後、温泉に入ったワケだが、十勝の泉質と違うので少々戸惑う。
ここの温泉はしょっぱいのだが、最初は自分の口の周り(顔等)についた汗でしょっぱく感じるのだろうと勝手に思い込んでいた。入る前に能書きを読んでおくべきだったかな。
それにしても、ここの温泉は個人的に好きだったりする。なんと言っても「熱めの浴槽(43~45℃)」があるのだ。僕は熱めの湯が好きで、これを我慢しながら「あ”~、極楽」と言いつつ浸かっているのが大好きだ。
それにしても、ここの温泉は本当にあったまるな。途中雨に降られたせいもあって体が冷え切っていた感じだったのだが、芯から暖まった。

で、湯から上り、レストランで「野菜入り味噌ラーメン」をみんなでいただく。(「いつも、これになる」とスコップさんが言っていた。)
あ、水は二人にひとつもらったピッチャーを2度おかわりしたのは言うまでもない:笑。

いろいろと勉強になったLSDだった。
ペースは需要だな。一人で走っていたら後半は帰りたい一心でもっとペースは上がっていたろう。そうなると余裕があるんだか、ないんだか分からないよね。
昨年の11月から継続して続けたことがなんとなくだけど「良かったかもしんない」と思った。

それにしてもくさかさんの根性は凄いな。10km、ハーフのタイムを聞いて速い!とは思っていたがフルはまだ4時間切れていないとのこと。普段、こんなに距離は走らないだろうに呼吸は苦しそうに思えた中、最後までキッチリ付いてきたものね。これは洞爺湖マラソンで3時間40分もあるぞ。

ということで、ラーメンを食べてスコップさんの奥様の運転で釧路に戻って来た。4時間以上かけて行ったところから、ものの30分程度で戻ってくるという現実にちょっとばかり驚かされておく。
それにしても道東の女性は車の運転が上手いかもしれない。と、根拠のあるようなないようなことを思ってしまった。

午前5時から出発して、帰宅したのは午後6時ちょい過ぎ。13時間も一日を楽しく過ごしてまいりました。
最後になりましたが、発起人のスコップさんには「楽しい企画をありがとうございます。」とお礼を申し上げます。

さて、5月3日には「eRCとかちフル記録会in音更」が企画されています。記録会というと「ガシガシ攻めるぜ」のイメージがなくもないですが、洞爺湖マラソンへの手ごたえの確認等自分の目標をもってご参加いただければ良いのではないかな?と思います。お気軽にご参加ください。
(僕はフルマラソンを4時間で走って「余裕度チェック」にしたいと思っています。)

6 コメント:

匿名 さんのコメント...

スコップです。

ーそれにしても道東の女性は車の運転が上 手いかもしれない。と、根拠のあるよう なないようなことを思ってしまった。
お疲れ様でした。
とんでもありませんよ。
何も考えていないで運転しているんですからね。

たしろさん、最後まで姿勢は良かったです。
腹筋運動のおかげですよ。
今度は、十勝にお邪魔します。
お疲れ様でした。

たしろ さんのコメント...

To:スコップさん
お疲れさまでした。
「なにも考えないで運転...」ご謙遜です。

LSDの最中からフォームについてお褒めの言葉をいただき天にも昇るようないい気持ちでした。天に昇るのはまだ早いので、そのかわり軽く木に登っていたのは秘密です。
スケジュール調整が可能でしたら是非十勝にも来て下さい。
僕も予定が合えば、また釧路にラン入します。

カナダ さんのコメント...

行きたかった~
たしろさん、いい練習ができてよかったですね。
次回は絶対参加しますので、是非またご来釧いただければ幸いです。
ああ~行きたかったなあ~

たしろ さんのコメント...

To:カナダさん
面白かったですよ。
ふふ、そういわずに今度十勝へ遠征してきてください(笑)。

さんのコメント...

昨日は遠路はるばるご苦労様でした。4人で走った4時間20分は実に楽しかったです、一人ではタイムに追われて長時間走れません、今度も皆さんと一緒に走りたいものです。5月は十勝に遠征します、宜しく!!

たしろ さんのコメント...

To:鬼さん
昨日はお疲れ様でした。
道中話ができる程度の走りだったので本当に楽しかったです。(「醤油が好きなんだ」には笑わせてもらいました。僕も醤油が好きです:笑)
ご都合が合えば是非十勝にもお越しくださいませ。