-絶え間なく鍛えた者だけに栄誉が訪れる-

2007-11-27

うれしいような、うれしくないような-お仕事ラン-

多分来週頭から近隣の市町村の市街地を平面調査することになる。
ランニングを始めていないときは車でこれを行っていたが、今回はランでうろうろと回る予定だ。

装備は万全、体調も悪くない(体重は増加気味ではあるが)。
ただ今朝あたりの冷え込みと今日の風の強さを目の当たりにして「少々尻込み」してしまう。

背中のザックからハイドレーションのチューブが伸び、片手に地図(紙)、もう一方にはデジタルメジャーをもってガサガサと住宅団地内を走り回るのはかなり怪しいと思うのは僕だけだろうか?(過去に二度ほど職質をされた経験がある。)
ああ、靴が問題だな。GelSnowRunnerを履くほど積雪はない。すると自動的に夏靴になるのだが...

まぁ、楽しんで仕事してみることにしよう。
というか、今週走れる目途が立っていないのがナニだ。

2 コメント:

おやぢ さんのコメント...

自分の考えに自信を持って下さい。間違いなくかなり怪しいです・笑。

まぁ、私も似たようなことをやりますが、フィールドは牧草地、見ているとしても牛ですからね。怪しくても通報されません。
そちらは住宅街ですからね。通行人にハァハァいいながら話しかけたら、即通報でしょう。

ネタになるような事が起こることを楽しみにしております。

たしろ さんのコメント...

To:おやぢさん
にゃはははは、絶対怪しいですよね。